カテゴリー別アーカイブ: LED

実験 電流 電圧 LED 基板 SD-120

実験 LED(秋月)
基板 SD-120 (実験結果からほぼ定電流回路、スイッチはリードスイッチ)
出力電圧, 出力電流, 電力, LED
2.26V, 0.32A, 0.72W, 3W Red
2.48V, 0.30A, 0.74W, 1W Red
3.42V, 0.28A, 0.96W, 3W Green
3.48V, 0.28A, 0.97W, 1W Green
3.40V, 0.27A, 0.92W, 1W White
4.96V, 0.13A, 0.64W, 3W Red 直列 3W Green (Greenの方がだいぶ明るい)
4.97V, 0.11A, 0.55W, 3W Red 直列 1W Green (Greenの方が少し明るい)
P1030236
基板 SR-120DT (実験結果からほぼ定電流回路、スイッチはホール素子)
P1030467P1030468P1030469P1030470
パイロットランプ
LED RED OS5RKA3131A, 直列抵抗 10K〜100KΩで発光視認可 採用値33KΩ
電流制限抵抗所在
R200(0.200Ω) x2 並列接続可能性大(テスター導通、パターン目視)
実験 R200 x2 LED 電流 0.3A → 片方のR200を外す → 電流 0.16Aに低減
R200 x1 でも パイロットランプ 100KΩで発光目視可
チップ抵抗サイズ 2.0×1.5mm
要実験 1R0 x2 で 0.5Ω

 

LED 7segment

P1010668P1010669OSL40562-LR 赤 VF=2.0V
OSL40562-LG 緑 VF=3.3V

3.3V駆動, FET駆動ドライバーなし, 電流制限抵抗なし
LED発光素子数で輝度は変化しない, 駆動電流が少ないため
PWM(4桁ダイナミック駆動 Duty 1/4)のため輝度が高すぎることもない。もし輝度が高過ぎるようなら、8桁駆動でDuty比を下げる
赤発光は実際は鮮やかな赤, 写真はカメラの設定による

方位表示 7セグメント LED

7セグメントLEDでの風向表示(方位)→ 16方向必要

  • 360度 (36方向, 10進数2桁): 000=北 090=東 180=南 270=西
  • 時計 (12方向, 10進数2桁, 16進数1桁): 0=北 3=東 6=南 9=西
  • 7セグメントで矢印を表現 > 8方向のみ可
  • 16方向を16進数1桁に割り当てる > 0123456789a(A)bc(C)d > 4=東 8=南 > 判りづらい